育脳トライアル

~1日10分程度で始められる「育脳トライアル」~

「右脳」・・直感・創造力・イメージ・時間的感覚などの働きが中心。
「左脳」・・言語分析・公式・計算・理論に基づく働きが中心。

子供たちは小学校に入学するまでは、知識が少ないので「右脳」中心に行動します。しかし小学校に入り教科の勉強をし始めると、使うのはほとんど「左脳」になってくるので、右脳と左脳のバランスが悪くなるのです。しかし、右脳は「想像力」「時間的感覚」など、とても重要な役割を担っています。したがって、右脳と左脳はバランス良く鍛えてあげるのが理想的なのです。

この育脳トライアルは、子供自ら「頭を使う」姿勢やコツを習得するとともに、楽しめる切り口で各教科の基礎となる部分を学べます。また、○×では採点できないような問題、答えが一つでない問題、自分の考えを述べる問題が数多くあるので、教科の問題のように一つの答えを導き出すだけではなく「思考力」を鍛えることができます。育脳トライアルは「知識」と「思考力」をバランスよく習得できるトレーニング教材なのです。

育脳トライアルは全国約600教室の学習塾、珠算塾、幼稚園、保育園、書写教室などで導入頂いております。

トライアル例題

◆ 計16ページ構成(週2回、1日2ページ×4週)の月間教材で、問題領域は以下のように構成されています。

  • 比較・判断(視野広く保ち、概要や特徴を把握する力)
  • 平面図形(平面図形の合成・分解や重なり、回転、移動などを推理する力)
  • 空間図形(立体的な空間を想像し見えない面や変化を推理する力)
  • 論理・関係(目に映らない属性や関係を推理し、それを説明する力)
  • 数量・演算(数量の認知、数量の合成分解、計算の工夫をする力)
  • 言語・表現(ことばの意味、用法を知って、それらを使って表現する力)
  • 点描写(「書く」を再認識し、図形の認知能力を育成、その作業により集中力を養う)

 

◆ 『育脳分野』と『学習教科』との関連

育脳関連図

  空間認知能ってご存じですか?

空間認知能とはその名の通り、空間の中で位置や形などを認識する能力です。教科に関しては算数・数学の図形・立体の問題に関係します。しかし、空間認知能は日常生活にも大きく関係しており、時間的な感覚や、段取り通りに物事を進める能力も空間認知能の領域なのです。あなたのまわりに「悪気はないけど時間にルーズ」「高学歴なのに仕事ができない」という人はいませんか?もし思い浮かんだ方がいたならば、その方はこの空間認知能が低い可能性があります。