一覧

 
  • いつから勉強が嫌いになる?

    最近、様々な場所で子供達の勉強の話がよく題材として上がるようになってきたように思います。
    それも小学生の段階での保護者さんから続々と・・・

    これはプログラミング的思考だとか、新しい学習要領のことが、訳がわからないからこういう状況を生み出しているのか?
    それとも子供の数は減っているのに対し学校の数が多すぎることへの懸念からなのか?は、わかりません(後者であってほしいとは思いますが

    最終更新日:2022/10/17(月)16:30
  • 幼児クラスでの嬉しい出来事

    今年度は受付の最年少にあたる年中さんの入塾が決まりました。

    年中さんともなれば、学ぶことの「ま」の字も浸透していない様な真っ白な状態です。
    この真っ白なキャンバスにその子自身が学びを通して、どんな色に染めてていくのかが楽しみです。

    私たち指導者も改めて身が締まる思いで、気持ちも新たに授業に取り組ませていただいています。

    最終更新日:2022/07/07(木)06:00
  • ひと足早くお知らせです。

    これまで育脳スタンスは、少人数制ということもあり、口コミのみの営業活動を行なってきましたが、この春よりプログラミング教材が追加され、豊富な指導カリキュラムが充実したことを機に、京丹波町の一部の地域(通いやすい範囲)に京都新聞の折込にて告知することにいたしました。
    お見かけになられた方がいらっしゃいましたら、是非お手に取り当塾の充実した内容をご覧になって下さい。
    よろしくお願いいたします。

    最終更新日:2022/05/31(火)21:30
  • ビックリ!!した事

    ご近所の方とお話ししていた時のことです。

    「谷口さんのところの塾は、英才教育されているから頭のええ子ばかりが来られているのでしょ?」と尋ねられました。正直、ビックリでした。
    真意はわかりませんが「頭のええ子が行く塾」だと思ってらっしゃったと言うことに・・・

    塾の名前に「育脳」ってついているから?
    募集対象が「年中さん」から受けているから英才教育

    最終更新日:2022/05/10(火)23:34
  • 勉強って嫌いになることがあたり前?

    塾を運営していて最近よく思うのですが「子供達は勉強が嫌いでやらないことが当たり前」なのでしょうか?
    少なくとも今うちの塾に通って来てくれている小学生の子供達は、学ぶことに関してどんどん欲しているので、勉強が嫌いだとは感じていません。
    以前のコラムにも書きましたが、確かに間違えるのが嫌いな子はおります。

    よく「うちの子はいくら言っても勉強しないからダメです!」と諦めたような口調で

    最終更新日:2022/04/28(木)23:29
  • 間違う事は悪いこと?

    子ども達は最初の頃、自分が解いた答えに×がつけられる事をとても嫌がる。
    反応は様々だか、ものすごくガッカリしたり、不機嫌になったりと、度合いは違えど心の中での舌打ちが聞こえる。

    その様子を感じ取るたびに『間違う事は悪い事じゃないよ。』
    と伝えている。
    『これは違うんだな。』と知れたのだから見方を変えれば正解への一歩なのだと。

    最終更新日:2021/05/31(月)16:39
  • こども達とのお約束。

    教室では幾つかの約束事がある。

    そのどれもが大人に言わせれば『当たり前』という言葉が返ってくるのかもしれない。

    『こんにちは』『さようなら』
    と挨拶をすること

    最終更新日:2021/04/01(木)16:04
  • それでも季節は巡っている。

    久しぶりの更新。

    そんな間に世の中は『コロナ』一色に、なってしまった。
    しかし、だからといって、時間は止まってくれるはずもなく、何事もないかのように季節も巡っている。

    そして大人は勿論、子ども達もそんな一生で一度あるかないかの経験をしながらも成長している。

    この先、5年、10年後、
    『あの時コロナなんかが流行っ

    最終更新日:2020/08/26(水)10:34
  • 二人目の・・・♪

    先月末から新しい生徒さんを迎えた。
    4月から1年生になる年長さんの男の子。
    体験後、すぐに入塾!

    親御さんがこちらの考えや思いに期待して下さっているのが伝わってきた。

    嬉しさと緊張感。


    男の子の小さな手から鉛筆に伝わる線の一本一本が今の全ての様な気がして責任感が増した。
    最終更新日:2020/03/02(月)15:58
  • 小さな背中。

    第一号の塾生の幼児さんも気づけば入塾して三ヶ月。
    最初は手取り足取りだった学習も、今では自分で何をどの順番でするか、を考えて出来るようになっている。

    『指示を待つ』のではなく、自分で考えて行動に移す。

    まるでスポンジがグングン水を吸い上げるように『自ら学ぶという事』を身につけてくれている。

    私の想像と予想を越えて成長してくれる
    最終更新日:2020/02/07(金)16:38
  • 育脳が息子にもたらしてくれたモノ《その2》

    息子がまだ小学校四年生くらいの頃、
    「算数はクイズみたいなもん。」と言った事があった。
    初めて聞いた時、わたしは「へっ?」とポカンとした記憶かある。

    息子が言うには、
    例えば、文章問題なら文の中のどれを使えば答えになるのかヒントを見つけだす、
    といったところがクイズに似ている、
    ということらしい。
    だから問題が難しいほどワクワクするのだそ

    最終更新日:2020/01/22(水)09:58
  • 育脳が息子にもたらしてくれたモノ《その1》

    「宿題はやった?」

    私はこの言葉を息子に言ったことがない。

    小学校に入学してから何も言わなくても当たり前のように学校から帰宅したら宿題を始める。
    途中でダラけることもないし、
    嫌そうな感じもない。

    やらされるのではなく、自分から進んでやるのだ。

    子供の頃、嫌々宿題をやっていた自分から
    最終更新日:2020/01/07(火)11:30
  • 育脳寺子屋との出会い☆

    「こどもにそろばんを習わせたいなぁ・・・」

    今は中学生の息子が幼稚園の卒園を控えていた頃、わたしはそんな事を考えていた。

    「出来れば、わたしが子供の頃に通っていたそろばん塾に行かせたいな」

    三十数年前の頃の事だ。

    もうその塾は無くなっているかも・・・と思いながらも検索・・・・・・。
    最終更新日:2019/12/20(金)16:12
  • プロローグ

    『塾長』・・・なんとプレッシャーのかかるワードなんだろう。
    でも、わたしが自分で選んだ道。
    それも直感で決めたのだ。

    「わたしは京丹波町で『育脳寺子屋』の塾長になる!」

    何やら麦わら帽子を被った少年の言葉を思い出させるが、でも事実!

    思い立ってから半年余り・・・
    先日、幼児の生徒さん1人を迎え、私は塾長とし
    最終更新日:2019/12/07(土)08:34
 
 

開講スケジュール

月/火/水/木/金
幼児クラス(年中・年長)
16:30〜18:00まで
(うち60分間)
小学生クラス(1年〜6年まで)
16:30〜19:30まで
(うち90分間)
中学生クラス(1年〜3年まで)
18:30〜20:30まで
(うち90分間)
  • 幼児クラスは17:00まで、小学生クラスは17:30まで、中学生クラスは19:00までに入塾してください。
    間に合わない場合には欠席扱いとなります。
  • 各学年の60分、90分と言う時間設定は、あくまで目安です。
    1日に決まった教材が終わった時点での帰宅となります。
  • 定員数は、最大5名までの少人数制とさせていただきます。
    尚、定員に達した場合には、受講をお断りすることもございますがご了承ください。
 

コンテンツ一覧

 
 

塾長のひとり言

塾長

塾長
船井郡京丹波町須知にて、幼児から中学生までを対象にした「読み・書き・そろばん」学習を用いたオリジナル教材を通して「論理的思考力」や「問題解決思考力」などを身につけていただけます。
また無料体験は随時募集しておりますので、お気軽にお申し込み下さい。

 
 
 
無料体験のお申込みはこちらどうぞ! お電話はこちらからどうぞ! お問合せはこちらからどうぞ! 育脳STANCEについて

ページTopへ